積みゲータワーをテロ爆破

略して『T・T・T』。未プレイ者向けのエロゲレビューと、他愛のない雑記がメインのまったりブログ。
宣伝スペース1
Empress『ClosedGame』 Angel Beats!-1st beat-
積みゲータワーをテロ爆破 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  『ふぃぎゅ@メイト』発売五周年記念記事:5年間愛し続けたキャラクター

スポンサーサイト

[ スポンサー広告 ] --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
トラックバック(-) | コメント(-)

『ふぃぎゅ@メイト』発売五周年記念記事:5年間愛し続けたキャラクター

[ 雑記 ] 2011年11月24日 00:00



炎道イフリナ第15条!
イフリナ様の話は最後まで聞くこと!
そ、そそ、その間私語は慎むこと、でゲス!



注意書き
1.   長いです! すごく長いです!
2.   キモいです! すごくキモいです!
3.   恥ずかしいです! すごく恥ずかしいです!
イエィ!
 
1.僕が死ぬまで彼女は死なない
「キャラクターの死とは、人々の記憶から消滅してしまうことである」――by僕。
 キャラクターたる彼/彼女は、物語の中に生きている。僕たちはそれに(基本的に)介入できず、見ていることしかできない。そして物語はいつか終わりを迎える。
 その物語の中で好きなキャラクターはどうなるだろう。そのキャラクターが退場し、二度と登場しないことがあるかもしれない。物語中で絶命してしまうこともある。
 しかし、物語中の存在である彼らを生物学的な死に束縛してしまうのはナンセンスだ。キャラクターにとっての生の終点を模索するなら、その物語が完全に終了してしまう時だろう。
 彼らは「  ご都合主義魔術」の名のもとに、その精神を、肉体を、そして生を取り戻すことが可能だからだ。
 そして物語は僕たちが創りだせる。原作至上主義を取っ払うならば(そして二次創作が全盛する現在において「原作」の持つ意義は弱い)、一度終わった物語を僕たちが継承することが可能だ。
 それこそ、その物語が妄想に終わろうと、僕たちは彼らを延命させることができる。

 憶えている限り。記憶し続ける限り。死ぬことはない。
 ――少なくとも、僕の中では。





2.『ふぃぎゅ@メイト』
『ふぃぎゅ@メイト』をみなさんはプレイしたことがあるだろうか。こんな場末のエロゲブログを見ているということはタイトル名と、そして有名すぎるOP曲、『ガチャガチャきゅ~っと・ふぃぎゅ@メイト』くらいは聞いたことがあるだろう。しかし、僕にとって本作のOP曲は別にある。
『1・2・3イエィ』。このBGMは本作のタイトル画面で流れる。ヒロイン3人の「1・2・3イエィ!」という掛け声に続いて軽快な曲が流れる。
 本作のハチャメチャで、これでもかと明るいイメージに合致する良曲だ。そしてこれはゲーム起動時に最初に聴くことになる曲である。だから何度もプレイした僕にとって、まさにこの曲こそが『ふぃぎゅ@メイト』を象徴していると感じてしまう。
 対して『ガチャガチャきゅーと・ふぃぎゅ@メイト』は、2周目以降はゲーム序盤をスキップできるという本作の仕様もあり、実はゲーム中で聴くことは基本的に一度しかない。確かにその高すぎる中毒性もさることながら、天使(エンジェル)たる本作ヒロイン、炎道イフリナ(以下「炎道さん」、「イフリナ様」を使い分ける)を中心としたハチャメチャ具合を見事一曲に落とし込んだ名曲だ。しかしそんな名曲をも抑え込んで、タイトル画面のBGMである『1・2・3イエィ』は本作をやり込んだ僕にとって大きな意義がある。
『ふぃぎゅ@メイト』終了時にタイトル画面から「EXIT」を選択する。すると主要キャラクターのボイスがランダムで流れ、終了確認のウインドウが出る。このときのボイスの種類はかなりの数に上る。

 ――ここで言うまでもないことだが、僕は本作ヒロインである炎道さんが好きだ。15回の「好き」と1回の「大っ好き」では伝えきれないくらいに。この世で一番と胸を張って言えるくらいに、超愛してる。

 さすれば本作を一時休憩とやめる際には、わざわざタイトル画面に戻り、「EXIT」を押して炎道さんの終了ボイスを聴かずにはいられない。しかし本作を開発したエスクードというブランドは意地悪で、どうも炎道さんの終了ボイスが流れる確率を小さくしていると僕は考えている(ただの妄想かもしれない)。だからなかなか終了できず、結果タイトル画面のBGMである『1・2・3イエィ』を延々と聴くこととなるのであった。



 そんなタイトル画面からしてすでに印象深い本作。みなさんはその内容をご存じだろうか。OPばかりが有名で、その素晴らしいゲーム内容を微塵も知らないという方もいることだろう。
『ふぃぎゅ@メイト』。「ふぃぎゅあっとめいと」。
 どうやら【フィギュア】がテーマらしい。しかしトリプルアクセルをキめはしない。
 そして【とメイト】。"mate"には「仲間」、「同僚」、「友達」などといった訳が可能だろう。今回は「友達」と解釈してみる。
 すると浮かび上がる「フィギュアと友達」
 痛くなった。
 そんなワケでオシャレなタイトル『ふぃぎゅ@メイト』。フィギュアと友達になるゲームだということは何となく分かったけれど、具体的にはいかように?
 そんな方のために僕がこのゲームの内容をたったの一言で言い表して、迷えるあなたに伝えまよう。『ふぃぎゅ@メイト』。それは――

「精液をフィギュアにぶっかけするゲーム」

 だいたいあってる。
 そして無理やり五・七・五。
 そんな文化があるということを発売当時は知りもしなかった。生活圏の外であり、発想圏の外にあった。
 僕はそれまで吐いた精液はティッシュに膣出し、そしてゴミ箱に浮かべてた。そこを泳ぐ幾億の精子たちは新たな生命誕生のトリガーとなること敵わず、ごみ収集センターで塵も残らず焼却されることとなる。
 ……そう考えると精液でもってして魅力的な彼女たち(フィギュア)をデコレーションするフィギュアぶっかけという行為は、精子たちを無為にしない。この世の無駄を削減するエコ・システムなのだ。
 ところがどっこい、一方でこの行為は人間の尊厳なる、生きていく上で大事な概念を自ら傷付けることになりかねない。
 そこでこのゲームの出番である。
 ゲームという形でのフィギュアぶっかけシミュレーション。フィギュアを買い、それらを改造し、そしてぶっかける。この一連の儀式を、最低限のダメージで実現させてくれる。まことに素晴らしいゲーム内容ではなかろうか。



 本作はゲームとして大変秀逸で、それはもうカブりつく程にやりこんだ。
 基本的なゲームの流れは先ほど述べた。フィギュアを買い、それらを改造し、そしてぶっかける。
 まず第一段階、フィギュアの購入。残念ながら主人公である渡馬景護は貧乏学生で、ショップで大人買いなど夢のまた夢。だから本作の舞台となるアキバロードへと毎日毎日足を運び、なけなしのお金でガチャガチャを回すこととなる。千里の道も一歩から。フィギュアぶっかけという目標へたどり着くための一世一代の運試し。
 続いて第二段階、改造。フィギュアに手を加えるということは、大事な彼女に手を加えることと同義である。神をも恐れぬその所業を、人は魔改造と呼ぶ。不要になったフィギュア中村鎌足はパーツ化できない……)をパーツに分解し、メメ子フィギュアに組み込むことで、炎道さんの新たな身体を創造する。
 そしてぶっかけ。天才魔法少女であるイフリナ様が妄想具現化の魔法を使うことで、フィギュアの身体である炎道さんとおセックスに興じることを可能にするのである。いわば一時の休息(しかしやってることはハード)。このために僕はえっさほっさとフィギュアを魔改造するのである。
 この一連の流れが非常に楽しい。そしてこの工程サイクルで以って、ちょうど射精後の気怠さが身体から抜ける頃合いにまた新たなエロシーンを挿入するのである。
 悔しい! でも射精しちゃう! ぴゅっぴゅ!
 そんなワケで本作は、僕にとって最も多く射精したゲームでもあるのだ。正確な回数は不明だが、単純計算で400回分の自慰に耽れただけの価値が、この作品にはある(そして記録は現在も絶賛更新中)。
 ゲームだけでもなくエロも凄い。即ちエロゲー。選択肢の数が年々減っていくこの業界において、正しくエロゲーしていた作品だったと言える。



 だがしかし、ただのエロでは歴戦を重ねたエロゲーマーは戦えない。
 そこには愛するに足るだけのキャラクターが必要だ。愛さえあれば5クリックでも射精できる。
 それだけ愛せるキャラクターが本作に――いた。

 炎道イフリナ。

 炎道イフリナである。
 この物語の中心。普通にオタ生活をしていた渡馬景護のもとに降りたエンジェル。僕の天使。
 その身体は渡馬が大好きなアニメキャラクター・メメ子のフィギュアで、炎道イフリナはそれを器として生きながらえている異世界の魔法少女である。
 その性格は可愛くて自分勝手で凶暴。
 だけど何故か愛してしまった。愛してしまったものはしょうがない。
 そんなワケで、『ふぃぎゅ@メイト』が発売されて早五年、未だに炎道イフリナよりも好きになったキャラクターはいない。
 当然僕の炎道さんに対する強い想いに肉薄するほど好きになったキャラクターはそこそこいる。しかし、これだけ一番に愛し続けているキャラクターは炎道イフリナただ一人だ。
 作中序盤で渡馬は悟った。大好きなメメ子に飽きてきていると。だから魔改造をすることで新たな刺激を得て、メメ子でオナニーするのだと。
 そう、何事にも飽きがくる。発売当時にOPだけが独り歩きして、結果短期間の伝説を残したきり以降忘れ去られてしまうようなゲームならなおさらだ。だからオタクは新しいエロゲーに手を出すワケだ。新たな刺激を求めて。
 そんな僕の激動の情欲時勢にも負けず、劣化せずに輝き続けるただ一人のヒロイン。それが僕にとっての炎道イフリナだ。彼女は、僕の人生においてただ一人のメインヒロインだ。



 うん、一番言いたいことは言った。
 あとは消化試合だ。



 まじめな話が続いたから少しわき道にそれよう。
 炎道さんのエロシーンは『ふぃぎゅ@メイト』だけで70種類近くある。一人のヒロインとしては異例の数だ。
 そんな中で僕が好きなシーンを3つ、紹介させてもらう。

・尽きることのない欲望(小悪魔メメ子2回目)
 ある意味一番炎道さんっぽい魔改造。上で天使とかのたまった気がするけどやっぱり炎道さんは小悪魔系女子ですよ。
 精液求めて上からガンガン腰を振る。その姿はまさにサキュバス。
 う~ん……エワい(←エロくて可愛いの略)
 ボンテージ衣装に身を包んだその姿は背中の羽根を除いて原型のメメ子そのまま。ロリ神様なルックスである。また、立ち絵の鎌がカッチョいい。チャンパられたい。
 シーン自体も最初からラストスパートで突きまくり。渡馬(僕)と炎道さんがともにまるで叫びあげるかのように喘ぐ姿はグッとくる。そして射精差分後のしてやったりな炎道さんのその表情。ごちそうさまでした。

・献身的な躾(偽メイドメメ子1回目)
 一転変わってこちらは我儘千万・自己中心的な炎道さんに性的な躾を施してS心を満たしちゃうシーン。
 炎道さんからは基本的にイジめられたいM気質な僕も、普段から大胆不敵でメチャクチャな行動を起こす炎道さんにお仕置きをしたくなるSなところもありまして。何故か三人に増えた渡馬が、メイドである炎道さんに命令を下しながらオナニーするだけという一風おバカシーンなのに妙に興奮しちゃうのである。
 炎道さんは、渡馬から精液をかけてもらわなければならない理由がある。また性知識がほとんど皆無と言っていい。だからこんな感じのバカップル的イメージプレイがガッツリハマる。ごちそうさまでした。

・本物の繋がり(真イフリナ)
 処女厨乙
 ま、まあ冷静に批評的な目で見るとですね。今まで何度もセックスしていた女の子がついに処女になったんですよ。どう思いますかね? ごちそうさまでした。

 とりあえず個人的なお気に入りを紹介したけれど、炎道さんのエロシーンは増え続けている。
 ファンディスク『ふぃぎゅ@謝肉祭』
 ミニADV『ふぃぎゅ@メイト 一週間後』
『乙女恋心プリスター』とのクロスオーバーADV『ふぃぎゅ@プリスター』
 お陰様で『ふぃぎゅ@メイト』は公式においても不滅だ。僕は、この『ふぃぎゅ@メイト』を僕の中で終わらせないために、エロゲーマー卒業は『ふぃぎゅ@メイト 一週間後』で締めようと思っている。だからその日まで未開封。約束された積みゲーとして、僕の中で最も大事な作品である。





3.そしてこれからも愛し続ける
 この度発売五周年ということで、ここまでの膨大なテキストを、本作への愛ただ一つを武器として書き上げた。
 ここまで書き尽くしてしまえば、少なくとも今の僕にはこれ以上『ふぃぎゅ@メイト』を語れない。
 だからこれからも愛し続ける。まだ僕が語ることのできない『ふぃぎゅ@メイト』を、ふぃぎゅ@体験を、蓄積するために。

 僕が生きている限り、僕が愛する炎道イフリナは死なない。
 そして、僕がこんなにも炎道イフリナを愛しているというメッセージが誰かに伝わった時、その時の僕が死ぬことは無い。
 これが僕の、キャラクターを愛するということ。
 愛し続けるということ。
 何のとりえもない僕には、そんなことしかできない。

 ――僕はただの、炎道イフリナオタクなのだから。 このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter
プロフィール

夏冬達樹 a.k.a こーしんりょー

Author:夏冬達樹 a.k.a こーしんりょー
 
雑食エロゲーマー。
レビュースタイルは「良いとこ探し」。
作品の企画書に載っていそうな「本質」を見抜きたいと思いながら、日々エロゲーをプレイする。

好物はロリと輪姦とおっぱい(大小問わず)。
抱き枕カバーが無いと禁断症状で夜な夜な金縛りに襲われる体質。
そんな私を人々は指をさして笑います。

月別アーカイブ
人気記事
ニコ生コミュニティー
カウンター

ゲームレビュー一覧

ゲームレビューに関して

あいうえお順

□100点――――――――――
少女魔法学リトルウィッチロマネスク editio perfecta(完全版)

□90点――――――――――
CARNIVAL
君と彼女と彼女の恋。
聖娼女 ~性奴育成学園~
世界でいちばんNG(だめ)な恋
セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~(非18禁)
戦国ランス
電激ストライカー

□80点――――――――――
いたいけな彼女
妹スパイラル
Ever17 -the out of infinity-(非18禁)
円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~
おしえて!唯子先生 【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!!
Quartett!
極限脱出 9時間9人9の扉(非18禁)
極限脱出ADV 善人シボウデス(非18禁)
秋桜の空に
最終痴漢電車3
素晴らしき日々 ~不連続存在~
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(非18禁)
DEARDROPS
ななついろ★ドロップス
Prismaticallization(非18禁)
V.G.NEO
ベロちゅー! ~コスプレメイドをエロメロしちゃう魔法の舌戯~
魔法使いの夜 -WITCH ON THE HOLY NIGHT-(非18禁)
めばえ
らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!
LOVELY×CATION2
ロケットの夏(プレミアムBOX版)
ロデオハイキックビートスペクター

□70点――――――――――
英雄*戦姫
Kanon
クドわふたー
クロノベルト -あやかしびと&BulletButlers クロスオーバーディスク-
恋せよ!!妹番長
神聖にして侵すべからず
スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園(非18禁)
世界ノ全テノ全テ(完全版)
せんすいぶ!
蒼天のセレナリア Full voice ReBORN(完全版)
狙われた女神天使エンゼルティアー ~守った人間達に裏切られて~
瑞本つかさ先生の【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!!
姫騎士アンジェリカ ~あなたって、本当に最低の屑だわ!~
僕が天使になった理由
ぼくの一人戦争
HOTEL.
WHITE ALBUM
町ぐるみの罠 ~白濁にまみれた肢体~
めちゃ婚!
夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-(FD)
りとる天使 ~カナタはみんなのヌキヌキえんじぇる~
リヴォルバーガール☆ハンマーレディ
わーすと☆コンタクト ~死神彼女と宇宙人~

□60点――――――――――
いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!(非18禁)
淫辱選挙戦 ~白濁に染まる会長選~
嘘と真琴にお仕置きを
KISS×200 とある分校の話
Closed GAME
闘神都市Ⅲ
虜ノ契 家族のために身体を差し出す姉と妹
白詰草話
ひとりのクオリア
星逢のプリズムギア
マゾ×ラブ
魔法少女の大切なこと。
モーレツにゃん×2 クリニック ~女医とナースがマンモスギザエロE
夜明け前より瑠璃色な
ランス01 光をもとめて(リメイク作)
林間島

□50点――――――――――
インタールード(非18禁)
学園淫辱輪舞曲 ~純潔の乙女が淫らな牝へと堕ちるまで~
天神乱漫 -LUCKY or UNLUCKY!?-
花は折りたし梢は高し
ふたりのクオリア
もしもこんなショッピングモールがあったら!?いきます☆
恋神 ‐ラブカミ‐

□40点――――――――――
ガチンコ!ビッチクラブ
処女ビッチだらけのテニス部合宿!「アタシが処女だって証拠がドコにあんのよ!?」
デデンデン!
輪[妹]姦 ~傷モノの妹~
Wanna.~スパルタンセックス スペルマックス!!!~

□30点――――――――――
妹の中二病とニートを治すのは俺の××だけってマジ?
クオリアフォーダンス -Qualiaffordance-
麗華の館 ~催眠遊戯への招待状

□20点――――――――――

□10点――――――――――
王国強制・性辱王女

□0点―――――――――――

□特別採点―――――――――
d2b VS DEARDROPS - Cross the Future -(非18禁・FD)

購入予定ゲーム一覧

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。